FCOOP

 
  •  
  • エフコープについて
  • 募集要項
  • 仕事内容
  • データで見るエフコープ
  • 代表メッセージ
  • 組合員インタビュー
  • エフトーク
  • はたらく人たち
  • キャリアデザイン
  •  
  • メインビジュアル

    ABOUT FCOOP

    HOME>はたらく人たち>地区担当 徳永桃子

    太宰府支所地区担当入協1年目 徳永桃子 法文学部卒 太宰府支所地区担当入協1年目 徳永桃子 法文学部卒
     
    2016年入協。入協後は同期たちとともに、1週間ほどの研修でスタッフとしての心構えなどを学ぶ。「身体を動かす仕事をしたい」「組合員と深く関わりたい」という希望から、地区担当になることを決断。現在はその希望どおり地区担当業務に励んでいる。

    Q1入協したきっかけは何ですか。

    大好きな人たちがいる
    福岡のくらしを支えるために。

    私は学生時代を県外で過ごしたということもあり、両親や友人のいる福岡に貢献できる仕事がしたいと考えていました。そんなとき、地域に密着し子どもの頃から馴染みのあったエフコープと出会い、志すようになりました。実際に働いてみると、一人ぐらしのお年寄りや小さな子どもがいるお母さんなどから「いつもありがとうね」と感謝の言葉をいただくことがよくあります。そんなとき「私たちの日々の仕事が、福岡の方のくらしの役に立っているんだな」と実感します。

    写真
    写真

    Q2大変なことは何ですか?

    笑顔が必要とされる、
    仲間づくりのお声かけ。

    最も大変なのは組合員の輪を広げるための加入促進活動「仲間づくり」のお声かけとコープ共済のおすすめです。スタッフ一人ひとりが目的を果たすために、どのようにお話しすればよいかを一生懸命模索しています。特に仲間づくりのお声かけは、組合員ではない方にお声かけしなければならないので、最初のうちは戸惑ってばかりでした。しかし、自然体と笑顔を心がけていると、徐々に話せるように。今では街を歩いている方にも躊躇することなく、気軽にお話させていただいています。

    写真
    写真
    写真

    Q3仕事のやりがいは何ですか?

    組合員からいただく、感謝の言葉。

    地区担当は、組合員といちばん近い距離で仕事ができるので、感謝の声を直接いただくことがたくさんあります。そのようなときに、この仕事をやっていてよかったと思いますね。今まででいちばん嬉しかったのは、ある一人ぐらしのご年配の方から「あなたに会えることが一週間の中で一番の楽しみなのよ。」と言われたときです。その方とは商品のお話だけでなく、先日行った旅行の話などプライベートのこともお話しさせていただけるので、私自身も楽しんでいます。

    写真
    写真

    Q4エフコープの魅力を教えてください。

    ジョブローテーションで、
    様々な経験を積める。

    エフコープの魅力は、店舗や配達、商品検査など、様々な仕事があることだと思います。様々な職種があるので、多様な経験を積むことができます。現在私は、地区担当業務を通して組合員の声や気持ちを直に聞ける立場にあります。これは今後、どのような部署に配属されることになっても、必ず生きてくる貴重な経験になるはずです。まずはこの経験をしっかりと自分のものにし、いずれは広報など別の仕事にも挑戦していきたいと思っています。

    写真
    一日のスケジュール 一日のスケジュール
    就活生に対するメッセージ
    面接では自分が最も伝えたいことを、どれだけ面接官に印象づけられるかが大切です。そのためにも、あらかじめ伝えたいことをノートなどに整理しておき、いつでもわかりやすくアピールできるようにしておくといいと思います。ただし、アピールばかりで面接官を不快にさせてしまっては元も子もありません。面接とは言え、基本的には人と人のコミュニケーション。笑顔でハキハキと自分のことを主張しながら、相手の表情をこまめに読み取るように心がけてみてください。
    NEXT NEXT
    グループリーダー/末吉弘明
    リクナビ2019 ENTRY