FCOOP

 
  •  
  • エフコープについて
  • 募集要項
  • 仕事内容
  • データで見るエフコープ
  • 代表メッセージ
  • 組合員インタビュー
  • エフトーク
  • はたらく人たち
  • キャリアデザイン
  •  
  • メインビジュアル

    ABOUT FCOOP

    HOME>はたらく人たち>グループリーダー 小田 吏

    グループリーダー 入協4年目 小田 吏 人間科学部卒 グループリーダー 入協4年目 小田 吏 人間科学部卒
     
    2015年入協。志免支所で地区担当を経験し、2年目からはグループリーダーとして活躍。配達業務や組合員の輪を広げる加入促進活動「仲間づくり」を担いながら、グループメンバーのまとめや支所全体の雰囲気づくりにも関わるようになる。4年目からは筑豊支所へ。新天地でもグループリーダーを任されている。

    Q1仕事内容を教えてください。

    メンバー一人ひとりの頑張りに
    しっかりと目を向ける。

    私は現在グループリーダーとして、筑豊支所で働いています。支所のグループには10名前後の地区担当がおり、グループリーダーはそのメンバーを2~4名ずつ小グループでまとめる役職です。上司にはグループ主任や支所長もいますが、グループリーダーは地区担当とより近い距離で接することができます。だからこそ、その人の得意・不得意を考慮した上で、一人ひとりに合った声かけをするように心がけています。とにかく、みんな毎日頑張ってくれていますからね。それぞれの頑張りをちゃんと見た上で、指導をすることが大切だと思っています。

    写真
    写真

    Q2スタッフの人柄を教えてください。

    とにかくみんな
    思いやりがある人ばかり!

    エフコープのスタッフはみんな思いやりを持った人ばかりだと思います。落ち込んでいる人がいれば誰かがそばに行って声をかけますし、研修で初対面のスタッフと会ったときも気兼ねなく話しかけます。みんな人に寄り添いたいという思いが強いのではないでしょうか。しかも、管理職や先輩なども話しかけやすくて優しい方が多いんですよね。私が新人時代にお世話になっていた先輩も笑顔が素敵でみんなからの信頼も厚く、仕事をバリバリこなしていました。今でもその先輩を見習い、私も笑顔を心がけるようにしています。

    写真
    写真
    写真

    Q3印象に残っているエピソードは?

    ご高齢の組合員さんの注文に寄り添って。

    私が新人の頃、ある高齢の組合員の方を担当していたのですが、あるときその方が腰を悪くして玄関先までの商品の受け取りや、注文書の記入をすることが困難になってしまいました。そこで私はその方の商品を一つ一つ確認して、注文書に記入してあげるようにしました。するとその方はすごく喜ばれ、何度も「ありがとう」とおっしゃってくださいました。組合員一人ひとりの都合に合わせることは時間も手間もかかりますが、このような思いやりこそエフコープに求められているサービスなのだと今でも信じています。

    写真
    写真

    Q4グループリーダーとしてのやりがいは何ですか?

    グループみんなで味わう
    目標達成!

    やっぱりグループ目標を達成できたときはすごく嬉しいです。いつもメンバーみんなで喜んでいます。10名近くいるグループなので、誰か一人だけが頑張っても目標は達成できません。だからこそ、グループリーダーとしてメンバーへ頻繁に声かけをし連携を図り、信頼関係をつくるように心がけています。今はまだ上司に相談しながら、自分にベストなやり方を模索し仕事をこなす毎日です。でも、いつかは「小田さんに任せたら安心だね」と言ってもらえるような、頼りがいのある先輩になりたいですね。

    写真

    キャリアアップ

    キャリアアップ キャリアアップ 一日のスケジュール 一日のスケジュール
    就活生に対するメッセージ
    「自分は何がしたいのか」という軸が見えてくると、自分に合った仕事に出会えるのではないでしょうか。私は授業やアルバイトの経験を積み重ねていくなかで「人と接する仕事がしたい」という軸が見えてくるようになりました。その軸を持って就職活動をしていたからこそ、人とのつながりを大事にしているエフコープに惹かれたのだと思います。きっとあなたも学生時代、あるいは20数年の人生のなかで築いてきた、これからの人生の指針となる軸があるはずです。今まで自分の歩んで来た道を振り返って「自分は何がしたいのか」とじっくり考えてみてください。
    NEXT NEXT
    副店長 兼務 畜産部門主任 / 坂元 優美
    リクナビ2019 ENTRY