FCOOP

 
  •  
  • エフコープについて
  • 募集要項
  • 仕事内容
  • データで見るエフコープ
  • 代表メッセージ
  • 組合員インタビュー
  • エフトーク
  • はたらく人たち
  • キャリアデザイン
  •  
  • メインビジュアル

    ABOUT FCOOP

    HOME>はたらく人たち>支所長 諸石淳

    支所長 入協16年目 諸石淳 中途採用 支所長 入協16年目 諸石淳 中途採用
     
    入協以前はアパレル、イベント設営、工場など、様々な職を経験。その経験のなかで「人と関わる仕事をしたい」と思うようになり2002年にエフコープへ。各地の支所や本部での経験を積み、2016年より京築支所の支所長となる。スタッフのまとめ役、地域の組合員との窓口として、精力的に活躍する若手のリーダー。

    Q1 仕事内容を教えてください。

    エフコープは「現場第一」。
    だから達成感がある。

    本部から提案された方針や戦略を受けて、支所の事業計画を作成し目標達成のために責任と裁量をスタッフに割り振ることが支所長の仕事です。具体的な目標数値も求められるので責任感が伴いますが、どのように進めるかは支所ごとに委ねられています。だからこそメンバーが試行錯誤を繰り返しながら目標に到達したときの喜びは格別です。また、職場環境に気を配るのも支所長の大切な仕事。日頃、会議などで支所にいないことも多々あるため、支所にいるときは積極的にスタッフとコミュニケーションをとるように心がけています。

    写真
    写真

    Q2 一般企業とエフコープの違いは
    何ですか?

    利益より、悩み解決。
    なによりも地域社会のために。

    利益を上げることを第一目標としているのが、一般企業。よりよい社会をつくることを第一目標としているのが、エフコープ。つまり、エフコープでは組合員や地域社会のお悩みを解決できるサービスが常日頃から求められています。私も新人時代に焦って仕事をしていると、上司から「ちゃんと組合員の目線で見ているか」とよく注意を受け、組合員を第一に考える姿勢を教え込まれました。「利益より相手のお悩み解消を大切にする」これこそ一般企業とエフコープの大きな違いだと思います。

    写真
    写真
    写真

    Q3 これまでに大変だったことは
    何ですか?

    部署異動、
    日々が挑戦の連続でした。

    最も大変だったのは、本部の商品事業に関わる部署に異動になったときです。そこでの主な仕事はカタログやWEBの企画。デザインの方向性や価格設定、取材や撮影の進行、イメージの伝達、校正作業など、あらゆる仕事を同時に進めていかなければなりませんでした。ライターやカメラマンなど外部の方々と共に媒体をつくり上げていくこともある、まさに「自己完結できない仕事」。従来の支所での経験が全く通用せず、まるで転職をしたかのような状況でした。しかし、その経験のおかげで広い視野を持てるように。現在、支所長という役割を果たすことができるのも、あの時の経験があったからです。

    写真
    写真

    Q4 今後の展望を教えてください。

    「支え合いの心をつないでいく」
    その使命を次の世代へ。

    東日本大震災の時「支援物資を被災地に送ろう」という呼びかけに応じ、多くの組合員が支援物資を支所に提供してくれました。支所の至る所に並べられた物資を見たときは、そのあたたかな思いに心動かされましたね。「困っている人を助けたい」という支え合いの気持ちがあっても、どう行動すれば良いか分からないという方もたくさんいます。そのようなときに支え合いの心をつなぐ役割を持って行動を起こせるのがエフコープ。その使命を支所スタッフにも伝え、いざという時に頼れるエフコープを繋いでいくことが、私の役割だと感じています。

    写真

    キャリアアップ

    キャリアアップ キャリアアップ 一日のスケジュール 一日のスケジュール
    就活生に対するメッセージ
    働く上で最も大切なのは「失敗しても立ち上がり次に進む力」だと思います。私自身、支所長として多くのスタッフをまとめる立場にありますが、いまだに失敗や苦悩の連続です。そんなときに思い出すのが新人時代に先輩方がくれた「自分主体ではなく、組合員主体で物事を考えなさい」という言葉です。その熱い思いに共感し、確信を持てるからこそ、今も「負けてられない」と立ち上がることができるのだと思います。あなたもまずは説明会でエフコープのスタッフと話してみてください。彼らから熱い思いを感じられたなら、きっとここでやっていけると思いますよ。
    NEXT NEXT
    支所長 / 諸石 淳
    リクナビ2019 ENTRY